最近知った言葉

お題「最近知った言葉」

 

粉瘤

 

いや、実は最近知ったというわけではないのですが、

今現在自分の中でホットな話題として。

 

粉瘤。

粉瘤腫 - Wikipedia

よくわかりませんが、老廃物が体の内側に溜まってしまう

感じだとか。

 

実は2年前に背中にできているのに気づきまして。

だんだん大きくなっていったのですが、最初は特に痛みもなく

放置していたんですよね。

それが、だんだんと赤みを帯び、痛くなってきてしまい

とうとう仰向けでは寝られないという状態に。

 

で、Webで同じような症状を調べて、どうやら粉瘤というものらしい、と。

で、治療には形成外科が良いらしい、と。

(皮膚科では切除できない場合が多く、結局形成外科へ回されるとか。)

で、近所に形成外科があるのを見つけて行ってきたんですよね。

 

私のように炎症が起きている状態では切除は無理らしく、まずは

膿を出して、薬を飲んで炎症を収めた後に切除、という流れのようで、

しばらく通っていました。

で、いよいよ来週手術という事で、血液検査をしましょうと

先生自ら採血をしてくれたのですが、ここで驚いたことが。

 

採血中血止めのために腕に巻くゴムバンドが急にパチン!と外れたのです。

私はびっくりしたのですが、

 

先生はもっとびっくりしていました。

 

で、きっと手元が狂ったのでしょう。

採血した部分がみるみる膨らんできて、その大きさたるや

背中の粉瘤なぞ比べ物にならないくらい。

 

先生がやっとこさ押さえつけて引っ込めたものの、

この人に手術されるのか・・・と思うと途端に不安になりました。

 

私の身体は今まで無傷で体にメスを入れるのはこれが初めてでした。

縫った事すらありません。

 

なのに、採血すらまともにできない医者に私の初めてを捧げるのは

どうも嫌で、結局そのままとんずらしてしまいました。

 

その後、一度は炎症を抑えたのでまったく痛みが無く、それから

またしばらく放置してしまいまして、最近また痛み出したという

事で、今度はWebで「良い医者」という条件で探して、先日

やっとこさ切除してきました。

 

長くなったので、手術の感想等はまた別途書きたいと思います。

別に引っ張るような話でなく、単に疲れただけですので、

悪しからず・・・。